1/29私の注目レース考察


こんにちは、管理人のマコです。
車いすテニス全豪オープンで上地選手が世界ランキング1位の選手を逆転で破り全豪オープン出場5回目で初優勝を果たした!やっぱり日本人の活躍は嬉しいですね!
テニスとは関係ありませんが凱旋門賞を近いうちに日本馬が勝ってくれると信じています!


本日は京都10R松籟ステークスを徹底考察させていただきます^^

注目レース徹底考察

このレースの信頼度70%

京都10R松籟ステークス

各馬のポイント

②ジュンヴァルカン
菊花賞に挑戦した前走はあのメンバーで出遅れたのは痛かった印象です。それでも終いは伸びていたので改めて見直しが必要なのではないでしょうか。前走は10キロ増となっていましたが悲観することなく素直に成長分と判断しました。


③ストンライティング
前走は道中後方でじっくり我慢し3角までインで待機して直線では少し外へ流れた感はありましたが差し切りました。追い込みが板についてきた印象を受けましたが今回は昇級でどこまでやれるのか試金石の一戦です。過去のレースを見る限りパワー型ではないと思いますが前走の馬場でも指し切ったのは評価できます。


④アルター
中団やや後ろから折り合い重視にみえた前走は直線で大外に出しこの馬なりに伸びはみせていましたが3着でした。前走は4着馬は次走の万葉Sを2着と0秒2差だった前々走の勝ち馬は万葉Sでは3着だったのを考えれば能力がある事は間違いないのではないでしょうか。あとひと押しは足りない印象は受けますが短期放牧明けでリフレッシュ効果も期待できます。京都へ意欲の遠征でこのレースを狙っていたように予想されます。


⑥エイシンハドソン
1着となった前走は先行すると予想していましたが発馬後すぐに隣の馬とぶつかり最後方からの競馬となりました。最後方からでも慌てずに乗った騎上が良かったとも判断できますが差し切って勝ったのはこの馬にとって大きな収穫になったと思います。決して早い時計に対応できる馬ではないと思いますが前回の収穫を生かせれば見劣りはしないのではないでしょうか。

レースの流れ

②ジュンヴァルカンは前目の競馬が予想されます。⑥エイシンハドソンは先行力はあるのは過去走からも判断できますが今回は中団からのレース運びも視野に入れたいところです。④アルター、③ストンライティングは中団でジックリ脚をタメてペースは余り上がらずゆったりした流れで直線で一気にペースが上がり最後は決め手勝負になるかと思われます。


最終結論

******** → 人気ブログランキング!
(馬名はランキングの紹介文に記載していますのでクリックしてご確認ください^^)
前走は休養明けで相手も強く10着とGⅠではまだ通用しなかった印象もこの馬なりに終いは脚を見せていたようには見受けられました。少し間隔を開けて自己条件に戻り相手も一気に楽になった今回は自身の走りが出来れば結果もついてくるのではないでしょうか。

メルマガ限定穴馬

*R********
****************.......

*R********
****************.......
穴馬はメルマガで公開しています
          

 メールアドレス

もしも、メルマガがお役に立たなければご自身で解除ボタンを押せばすぐに停止できますので安心して登録してください。


 → 競馬情報ランキングを見る!

 よろしければ参考にしてください^^

a:1669 t:1 y:0