3/19私のメインレース考察


こんにちは、管理人のマコです。
韓国政府は2014年にセウォル号の船体引き揚げのテストを19日に行いテストが無事に終わった場合は引き揚げを試みる予定のようです。
無事に引き揚げることが出来るよう祈っております。


本日は阪神11R 阪神大賞典(GII)を徹底考察させていただきます^^

メインレース徹底考察

このレースの信頼度60%

阪神11R 阪神大賞典(GII)

各馬のポイント

③シュヴァルグラン
有馬記念では馬群の外目でうまく脚はタメられて直線でも前に届きそうな脚色はみせましたが最後は息が保ずに6着でした。今回も力のある馬はいますが全体的に相手は緩和されますし前走の勝ち馬との斤量差がなくなり昨年の同レース覇者がどこまで迫れるか注目しています。


⑥レーヴミストラル
最後方からになった前走は折り合いはついていた印象も直線では伸びはみせるも道中の位置取りが響いて10着でした。近走の内容は案外ですが昨年の日経新春杯ではシュヴァルグランを負かしており斤量56キロなら大駆けあっても不思議はないと思います。


⑦ワンアンドオンリー
前走は中団やや後ろから結果的に勝ち馬を前に見る形で進めましたが仕掛けどころで前が塞がって3角過ぎで置かれてしまいました。4角からはスムーズに捌けましたが仕掛けどころの差で5着でした。得意の阪神に替わり前進の可能性残していると思います。


⑨サトノダイヤモンド
昨年末の有馬記念は出たなりで中団からレースを進め2角過ぎからは1番人気のキタサンブラックをマークする形になりました。直線入り口では一旦離されましたが坂を上がってからの伸びが鋭くゴール寸前で交わして1着でした。地力は一枚上も休み明けでここを目標に仕上げてきている訳ではないので当日の気配には十分気配りが必要かと思います。

レースの流れ

⑨サトノダイヤモンドは好位からのレースになりそうでその後ろに③シュヴァルグラン⑦ワンアンドオンリーらは中団から⑥レーヴミストラルは後方で脚を温存すると予想しています。前半はゆったりした流れで2周目を迎えて徐々にペースが上がるのではないでしょうか。3角から⑨サトノダイヤモンド、③シュヴァルグランが前を捉えるべく進出して直線に向かい⑨サトノダイヤモンドがアッサリ抜け出すようなら追い込み勢の出番もあるかと思います。


最終結論

******** → 人気ブログランキング!
(馬名はランキングの紹介文に記載していますのでクリックしてご確認ください^^)
休み明けで割引は必要も今回の顔ぶれなら実績から地力は一枚上でGⅠでの活躍も期待される馬なので恥じないレースをしてくれるのではないでしょうか。今年緒戦の走りに注目です。

メルマガ限定穴馬

*R********
****************.......

*R********
****************.......

穴馬はメルマガで公開しています

 メールアドレス

もしも、メルマガがお役に立たなければご自身で解除ボタンを押せばすぐに停止できますので安心して登録してください。


 → 競馬情報ランキングを見る!

 よろしければ参考にしてください^^

a:1239 t:3 y:8